美容皮膚科 看護師 求人

美容皮膚科看護師として転職成功する人と失敗する人の違い

美容皮膚科に転職して3年になります。

 

元々、病棟勤務で4年間働いていたのですが、やっぱり美容の知識をきちんと身に付けたいと思ったことや、
いつまでも女性として美しく綺麗でいたいと思ったことがきっかけで美容皮膚科に転職しました。

 

いろいろと求人探しや転職活動をしていく中で分かった、
【美容皮膚科の看護師として転職に成功する人と失敗してしまう人の違い】を3つ紹介したいと思います。

違い:その1 皮膚科と美容皮膚科の違いをイマイチ分かっていない。

皮膚科と美容皮膚科の違い

知っている人にはイマサラ感もありますが、意外によく分かっていないまま美容皮膚科を希望して転職活動をしている看護師さんがたくさんいます。※面接を担当している先輩から聞きました。

 

皮膚科と美容皮膚科は共に医師が患者を診断して、皮膚に関する治療を専門的におこなうというところは同じです。ただ文字通りそれを「美容」という観点でとらえ、お肌のトラブルや悩み、コンプレックスを解消するために様々な治療をおこなうところが美容皮膚科です。

 

一般的に皮膚科ではお肌の湿疹や汗疹(あせも)、アトピー、水虫といった皮膚のトラブルを解消します。

 

その一方で美容皮膚科では顔のたるみや、ホウレイ線消し、赤み・くすみなどの肌ケア、ニキビ(ニキビ跡)ケア、ほくろ除去、永久脱毛など、患者さんが綺麗になるためのお手伝いを医療面からおこなっていきます。

 

皮膚科では肌を通常の健康な状態に「治す・戻す」というところがゴールであることに対して、美容皮膚科では通常の健康な肌を更に「改善してより良く、より美しくする」というところがゴールになります。そのため患者さんは圧倒的に健常者の女性が多いです。

 

ちなみに皮膚科は保険診療が基本ですが、美容皮膚科は自由診療なので基本的には保険が使えません。

 

私もそうですが、女性であれば多くの方がいつまでも若く綺麗にいたいと思いますよね。そういった女性の願望を「肌」という面からサポートしていくことが美容皮膚科のお仕事になります。

 

一般皮膚科と美容皮膚科のスタンスの違いをきちんと把握しておきましょう。

 

上記のことをしっかり頭に入れて転職活動をすることが美容皮膚科への転職成功のポイントです。


違い:その2 高給や夜勤・残業が無いという待遇ばかりに目がいっている。

美容皮膚科の仕事

確かに美容皮膚科は営業時間が朝10時〜夜19時ぐらいの間で設定されていて、多くの美容皮膚科では夜勤がありません。また残業も一般の病棟勤務と比較すると少ないですし定時で帰れることも多いので生活リズムが整います。

 

こういったポイントは、そこで働く看護師にとってすごくポイントが高いです。通常の病院勤務で夜勤や残業をしている友達の看護師からはすごく羨ましがられます。また通常よりも格安で美容治療が受けられるという点も、すごく大きいメリットです。

 

(格安で受けることができるのは、社員割引的な意味ももちろんありますが、患者さんに施術説明をする時に、既に自分が体験している状態で説明した方が説得力があるということもあって、安く受けることができるようになっています)

 

ただ、こういった待遇ばかりに目がいっていて、面接で失敗してしまう看護師さんもたくさんいます。もちろんそういったメリットがあることは頭にあって良いのですが、そういったことばかりが志望動機や言葉の端々に感じてしまう人だとチョット…っていう感じですよね。

 

私の場合はお客さん(患者さん)と接する時間が比較的長いため、信頼関係が築きやすいからというのを志望動機として挙げていました。あとは最初に書いたように美容の知識をきちんと身に付けたいと思ったことも志望動機になっています。

 

私が勤めている美容皮膚科では、採血や注射、肌の状態を調べるための機械の出し入れをおこなっています。また手術も行っているので、麻酔の用意や管理、オペ介助なども看護師の仕事です。あとは、レーザー脱毛やフォトRF照射のための補助などですね。

 

病院と違い美容外科や美容皮膚科では、よりサービス業的な側面が求められます。上から目線というのはもってのほかで、「患者さん」というよりも「お客様」というイメージです。マナーや言葉遣いなどについては高いレベルが求められるので、そのあたりは頭に入れておきましょう。


違い:その3 転職サイトに登録せずに自分で美容皮膚科の求人を探している。

美容皮膚科求人と転職サイト

美容皮膚科に転職希望をされる看護師さんの中には、WEB上での求人探しや求人雑誌、ハローワークなどを使用して自分の力だけで求人を探そうとする人がいます。

 

どこの美容皮膚科でも看護師が不足していることもあって、たくさんの美容皮膚科の求人が見つかると思いますし、美容皮膚科でさえあればどこでも良いのであれば、すぐに転職できると思いますよ。ただ「条件の良い」美容皮膚科の求人となると、そこまで多くはないのかなと思います。。。

 

また「営業ノルマは一切ナシ」と書いてあっても、実際に入職してみたら「名前を変えているだけで実はノルマがあった」という話も聞きます。そのために美容皮膚科に転職してもすぐに辞めちゃう人も多いんですよね。

 

そんな時に活用したいのが看護師専門の転職サイトです。転職サイトは登録制になっていて、それぞれのサイトには「非公開求人」という求人情報があります。非公開求人というのは収入や待遇面で条件の良い求人が多くて、公に募集活動をしてしまうと、すぐに申込者でいっぱいになってしまうような求人です。

 

サイトに無料登録すると、転職サイトの担当者が好条件の美容皮膚科の非公開求人や公開求人を探して提案してきてくれます。万一、自分の希望にぴったりマッチしていなくても、担当者が交渉をしてくれたりするのでオススメです。

 

また先程書いたような「営業ノルマ」に関して、転職サイトの担当者がきちんと調べた上で営業ノルマの有りナシを回答してくれるので、入職してから思っていたのと違ったというようなミスマッチが起こりにくいです。職場の人間関係や雰囲気・離職率などについても同様に、担当者がいろいろと教えてくれます。

 

自分だけで美容皮膚科の求人を探そうとせずに、上手く転職サイトを活用しながら求人探しや転職活動をおこなうことが成功するコツかなと思います。


美容皮膚科の非公開求人探しにオススメの転職サイト

では一応、美容皮膚科に転職活動をするにあたって、おすすめサイトを紹介しておくので、良かったら活用してみてください(^-^)

 

ちなみに登録したからといって必ず転職しないといけないということはありません。担当者から色々と話を聞くうちに、「実は私が求めていたのは美容皮膚科とは違った」ということも十分あり得ますからね。

 

また、利用する場合は2〜3つ登録するとイイと思いますよ。転職をサポートしてくれる担当者が違えば、得られる美容皮膚科クリニックの内部情報も異なりますし、紹介される非公開求人の幅も広がります。

看護のお仕事

看護のお仕事の美容皮膚科看護師求人

まず最初に紹介するのが看護のお仕事というサイトです。ちなみに私もココのサイトを使って今の美容皮膚科クリニックに転職しました。

 

何といっても関東・関西を中心に美容皮膚科の非公開求人が多く、全国に対応していることがオススメの1番の理由です。誰もが知っている全国的に有名な美容皮膚科クリニックから、小規模で開業している地域密着型のクリニックまで幅広く求人があることがポイントですね。

 

また、転職のタイミングや前職の経歴にもよりますが、人によっては転職前後で50〜100万円も年収がアップする人もいるって聞きました。※ワタシはそこまでUPしてませんけど…(汗)

 

転職をサポートしてくれる担当者からは、そのクリニックの看護方針や、どういった美容施術に強みがあるのか、離職率、人間関係、雰囲気・評判など求人票に載っていない&表には出せないような内容も事前に教えてもらえます。もちろん履歴書や面接へのアドバイス、円満退職のコツなども教えてもらえるのでアリガタイですよね。

 

ちなみに看護のお仕事は美容クリニック専門の転職担当者がいるという珍しい転職サイトです。なので、不安を感じながら転職活動をスタートした人でも、どういう職場が合っているのかとか、条件面の優先順位は?など担当の方に話をしていくとどんどんクリアになると思いますよ。

 

最後に、転職が成功すると最大12万円のお祝い金が貰えるのもポイントです。転職前後は何かとお金が必要だったりしますから・・・しかし!!12万円をもらえるのは師長クラスの転職のケースのみなので注意してください!私のような一般クラスの転職だと3万円ぐらいです・・・(泣)12万円と3万円ではかなり差がありますが、それでももらえるだけアリガタイですけどね^^;

 

>>看護のお仕事で美容皮膚科の求人をチェックしてみる

 

 

ナース人材バンク

ナース人材バンクの美容皮膚科看護師求人

次に紹介するのはナース人材バンクというサイトです。けっこう昔から運営されているので、知ってるっていう人も多いかもしれません。

 

ナース人材バンクの場合、公開求人だけでも全国で21万件を超える数(ちなみに看護のお仕事は12〜13万件)があり、看護のお仕事には載っていないような細かい求人がたくさんありました。

 

看護のお仕事と併せてナース人材バンクにも登録しておけば、たいていの美容皮膚科クリニック求人は網羅できるかなと思いますよ。

 

私の場合、最終的には看護のお仕事から紹介を受けた求人で転職が決まってしまったので、ナース人材バンクの担当の方にはちょっと申し訳なかったのですが、採用が決まったことを伝えると「おめでとうございます!ぜひ新たな職場で頑張ってくださいね!」とイヤな顔ひとつせずにお祝いの言葉を掛けてくれたのですごく印象がUPしました。

 

転職担当の方は熱心でしたし、毎年10万人を超える看護師さんが利用をしているって言ってたので、老舗ならではの信頼感もあると思います。

 

>>ナース人材バンクで美容皮膚科の求人をチェックしてみる

 

 

キャリアプレゼント

キャリアプレゼントの美容皮膚科看護師求人

3つめに紹介するのはキャリアプレゼントというサイト。

 

最近出てきた転職サイトで美容外科や美容皮膚科に特化した転職サイトです。私も利用したことがないので、どんな感じかは分かりませんが、美容系に特化している分、クリニックの内情に詳しい可能性は高そうです。

 

サイトを見る限り首都圏の求人がメインのようなので、東京や神奈川、千葉、埼玉あたりの住んでいる看護師さんにとっては良さそうです。

 

逆に地方在住の看護師さんにとっては「地元の美容皮膚科求人が無いじゃん!!」となってしまいイマイチかもしれません。

 

もし余力がある人で、どんな求人があるのか?美容皮膚科クリニックについて聞いてみたいっていう人は、チェックをしてみてもイイと思いますよ。

 

>>【公式サイト】キャリアプレゼント

美容皮膚科のお仕事ができるのは若いうちだけ♪

美容皮膚科に転職

美容皮膚科はその仕事内容の性質上、20代〜30代の若い看護師さんを求める傾向にあります。逆に一般病棟であれば20代〜50代ぐらいまで幅広い看護師さんが求められます。そういう意味では美容皮膚科のお仕事は若いうちしかできないという面がどうしてもあります。

 

美容皮膚科に転職しようかどうしようかを迷っている人に伝えたいのは、やらずに後悔するよりも、やって後悔した方が後々の人生で悔いが残らないということです。美容皮膚科に転職してみて、もし自分に合わないなと思えばその時は改めて考えてみて、他の道を探ることも十分できますし、間に合います。ぜひ美容皮膚科に転職成功してくださいね♪応援しています(^▽^)/


美容皮膚科が気になる人向け1問1答

本当に夜勤って無いの?

美容皮膚科クリニックではまずありません。ただし美容皮膚科だけでなく美容外科手術もおこなっているクリニックの場合は、1日程度夜勤があるケースもあります。

 

豊胸手術や脂肪吸引、自毛植毛(移植するグラフト数が多い場合)などの大きめのオペがあり、かつ、その美容クリニックに入院施設がある場合は夜勤がある場合も。

 

ただ夜勤があるかないかは転職前に分かるので、そこまで心配することは無いと思いますよ。

 

また夜勤があったとしても、健常者の方ですので、何かトラブルが起こったりすることはほぼ無いと思ってもらって大丈夫です。逆に手当が付くので、夜勤を希望する看護師もいるぐらいです。

 

オススメの美容皮膚科クリニックは?

人によってどこがオススメなのか基準が変わってくるので、ここでは傾向について簡単に。

 

いわゆる大手系美容クリニックは給料が高く、インセンティブ(営業ノルマ)も付くので、ガッツリ働いて稼ぎたいという看護師さんに向いています。また大手ならではの手厚い福利厚生も魅力です。ただし、キャンペーンなども毎月やっているため、かなり忙しく、最近ではインセンがもらえるハードルも高くなっているので、給料を考えるとそれなりかなと。ただ、色々な症例を経験できるので最初の転職先としてはアリかなと思います。

 

中小系美容皮膚科クリニックは1人が担当する業務の幅は広くなりますが、比較的大手と比べるとそこまで忙しくないケースが多いと思います。1人のお客さんと長く接することができるのも魅力ですし、リピーターになってもらいやすいという傾向もあります。ただし、給料はそこまで高くはないという面がありますし、経営面で倒産するリスクも少なくはありません。大手で一通りのことが身に付いた看護師さんで、自分の裁量をもう少し増やしたいという看護師さんに向いているのかなと思います。

 

医療脱毛などの特定の施術に特化しているクリニックは、基本的にその施術しかしません。春先〜夏ぐらいまでの繁忙期は、「無」の境地で1日中レーザー脱毛といった感じです^^; 職人気質の看護師さんには良いかもしれません。また1つのことを極められるといったメリットもあります。

 

美容皮膚科クリニックへの転職で年齢はどこまで関係ある?

転職サイトの担当者から話を聞く限り、年齢に上限は設けていない美容皮膚科クリニックも実際にあります。

 

ただし、採用されやすいのは20代後半から30代前半なのは間違いないです。40歳を超えてくると他の美容クリニック経験者でないと厳しい面もあります。

 

また大手美容クリニックであれば新卒採用をおこなっていますが、病棟勤務経験が1年〜3年あると採用確率はかなりアップしますね。


このページの先頭へ戻る